Skip to content

ティファニー、力が入る

虎ノ門ヒルズのTokyo Nodeで行われたTiffany Wonder展に行ってきた。歴史的宝石類が大量に出品されている力の入れ方は、Tiffanyの日本マーケットへの力の入れようが予想される(中国マーケットの前の練習かもしれないが)。特に日本の工芸品(漆製品)の職人に魅せられたイタリア人デザインなーの作品にはエミール・ガレのランプに似たステンドグラス風の製品、漆を使った工芸、「誰が袖」に似たディスプレーなど日本の工芸品がティファニーにも影響を与えたことが窺える。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

en_USEnglish