Skip to content

ワルシャワのAIB会議

INTRODUCTION

毎年世界各国で行われるAIB(Academy of International Business)の年次会議はワルシャワで行われた。この街には20年ほど前、環境技術の営業でほぼ毎日行っていた。20年ぶりの変化と、ロシアのウクライナ侵攻がどのような影響を与えているか、気になり参加することになった。市内はスッキリして、生活品の流通も豊富、公共交通もすっかあり整備されていた。その中でも、ワルシャワ中央駅のその横に聳え立つマリオットホテルの外観は変わりがない。会場のワルシャワ経済大学とパーティが行われた科学技術宮殿は仰々しい旧共産圏風の建物だったが、それもある意味懐かしい。

古都クラコフ

旧ポーランド王国の首都、ハプスブルグの主要都市でもあったクラコフは世界遺産だ。ワルシャワから電車での一日ツアーは、旧ユダヤ人居住区、これでもかという教会、そして今もしっかり立っている旧王城をめぐり、たっぷり歩いた。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

en_USEnglish