Soccerに関する情報
  • FIFA:ご存知FIFAのオフィシャル・サイト。
  • UEFA:ヨーロッパ・サッカー連盟のサイト。リアルタイムに近い更新の早さ。これは金がかかっている。JFAも少しは見習ってほしいものだ。
日本スポーツ・メディア
  • スカイ・パーフェクト番組: スカパーe2の番組表
  • 日本:A bankrupted Sports Internet News Venture (jointly owned by Mitsubishi Corp. and Dentsu) was acquired by Yahoo, enhancing the contents of this Japanese site.
各国リーグ予定
総合型スポーツクラブの経営
各国のサッカー事情を知る
サッカー・ビジネス
  • ★(2007/1/7)『W杯ビジネス30年戦争』田崎健太(フリー・ジャーナリスト)、新潮社、2006年5月、251㌻:W-カップに合わせた規格本で、サマランチェ、アディー・ダスラー、電通、ヨハンソン、プラッター等のサッカー・ビジネスを大きくさせていった人間たちを追うことによって、日韓共催の流れを読み解こうとするもの。田崎氏自身のこれら人物への取材が実際に行われたこともあり、迫真感がある。
  • THE BEAUTIFUL GAME: Soccer in Latin America, Chris Taylor(邦訳『南米蹴球紀行:英国・ガーディアン紙記者が見た中南米フットボールの光と影』東本貢司訳、ケイブンシャ:中年米の各国のサッカー事情を社会と歴史の関係から概説。英国の帝国主義的かかわりの中からこれらの国にサッカーが伝えられたことがわかる。でもこの あたりはヨーロッパでも同じか。
  • [2007/4/2]★★★後藤健生(2007)”日本サッカー史:日本代表の90年”双葉社:日本サッカーの歴史を、特に代表に力点を置き、その黎明期、アジアに、世界に、追 あるが、いわゆる日本サッカーの停滞期のときから、正規の職にもつかず、言うならば、世間的には「人生を捨て」サッカー観戦に没頭してきた。斯く言う私も、閑古鳥が鳴く、そのころJSL(日本サッカーリーグ)と呼ばれた試合をよく見ていたが、来る観客が少なく、なんとなく顔見知りの中に、後藤氏もいた。長く日本サッカーの歴史を見てきた後藤氏が「自分が読みたかった本」。 そんな歴史の中で、やはり決定的な役割を果たしてきたのが、今でも感じられるのが、川渕三郎、1980年病に倒れた渡辺監督に代わり、強化部長として兼任で代表監督をしていたとき、技術の高い若手(風間八広、金田喜稔、戸塚哲也)の起用により新しいタイプの代表の起用、もちろんJリーグの創設、教会の抵抗勢力を抑えての初の外国人監督であるオフとの起用から、フランス・ワールド・カップへとつなげていったこと。多くの人の情熱と運命のいたずらが、現在の日本サッカーを作っているが、この川渕や、東京オリンピックのとき招聘されたドイツ人・コーチのクラマーの影響は特に大きい。 別の意味では、この後藤氏のように、サッカーを愛し、地道に文化として支えてきた人たちの力も忘れられない。老若男女、サッカー好きの必読の書だ。★2007/1/20評:田崎健太(2003)『此処でない何処かへ、広山望の挑戦』幻冬舎:JEFからパラグアイ、ポルトガル、フランスと自ら求め活躍の場を求めた広山のパラグアイ時代を中心とした話。著者の田崎氏自体、一年間の南米放浪の経験もあり、日本社会の呪縛に対する反発感を持っている。広山との個人的な信頼関係に基づく記述であり、何が起こっていたのかが、よくわかる。
  • ★:忠鉢信一(2001)、『進化する日本サッカー』集英社新書:韓日ワールドカップ直前に、帝京高校、ジュニア・ユース代表、筑波大学、朝日新聞と道を歩んできた著者が、ナショナル・トレセン、各年代代表チームなど、地道な積み上げが、トルシエ・ジャパンの成功や、中田英俊などを生んだことを解説する。特にこの二人に関する記述は多くのジャーナリストの皮相的な直近の現象を感情的に捉える視点を大きく超えた、歴史観を与える。
  • 『サッカースクール親バカ始末記』西部史彦、WAVE出版、96年5月1日、明らかに市川周辺に引っ越してきた外国帰りの商社マンの実話に基づく話。単なるサッカー話ではなく、首都近郊コミュニティで起こる話の民俗学的側面も。amazonでは見つからないので、残念ながら絶版になっているかも。
注目チーム
  • Clermont Foot:ミシュラン本社があるクレルモン・フェランのクラブ。ミシュランがサポートしてているASM (Associative Sportive Monteferrand)はラクビー部門がヨーロッパでも屈指の競合だ.。それに対してクレルモン・フットはサッカー専用のクラブ。何年か前のフランス・カップでPSGを破って大変な騒ぎになり、またスタジアムも立てた。 National(3部に相当)で優勝し、2002-03は2部に昇格。
  • ガッタスブリリャンチス:芸能人女子フットサルチーム
サッカーを題材にした映画
  • ベルンの奇跡:1954年のW-カップドイツ大会で、敗戦の痛手の強かった西ドイツチームが当時無敵のハンガリーを奇跡的に破った試合を元に映画化したもの。決勝戦の実際の動きを俳優にそのとおりプレーさせている手の込み方。途中西ドイツ代表チームにアディダス社のアディー・ダスラーが取替え式の新種のスパイクを売り込むことは、後年のこの会社のサッカーへの食い込みを髣髴させる。
UQU12MW79QGQNLEM