Skip to content

WAA(We ARE Asian)

WAA (We Are Asian)は1996年4月に創設された集団です。国籍にかかわらずアジア的視野で大きく物事を考えるとともに、人と人のつながりを大事にする人たちが集まっています。月に一回、スピーカーをお呼びし、さまざまな議論をしてきました。延べ参加者は数千人にもおよび、現在では上海、関西、広島に支部(チャプター)があります。
コーディネーター:田辺孝二(東京工業大学);連絡先:潜道文子(拓殖大学)

DSCF0694

2018のスピーカー・テーマ:

  • 11月:『はじめて何かを手がける人達が活躍できる街をつくる』(鈴木 大介さん(NPO法人東海道・吉原宿 代表理事))
  • 10月:『ベトナムは意図せぬ脱工業化、中所得国の罠を回避できるか』(大久保 文博さん(JETRO))
  • 9月:『真似ない、答えは我々の中にある-シリコンバレーの変遷と、次なるイノベーションの中心地』(近藤 隆さん(I-Commission 代表))
  • 8月:『東欧見聞録リトアニア ~日本企業はリトアニア企業とコラボできるのか~』(大南武尊さん(資生堂))
  • 7月:『子ども、教育、社会包摂:共に奏で歌う喜びで、生きる力を育み世界とつながろう』(菊川 穣(きくがわ ゆたか)さん ((一社)エル・システマジャパン代表理事))
  • 6月:『クラウドビジネスとインドでのソーシャル事業』(松岡清一さん(株式会社FIXER 代表取締役社長))
  • 5月:『脳科学の最先端 -脳機能モデルによる日本人の特質-』(豊田 誠さん(アーキテクト))
  • 4月:『中国が目指す未来とアジアにおける知的共同空間』(劉傑先生(早稲田大学教授))
  • 3月: 『 VIA:アジアと米国の架け橋を目指すスタンフォード生まれのNPOの55年の挑戦 』(石田一統さん(VIA エグゼクティブ・ディレクター))/『異文化コミュニケーション』鄭 偉先生(拓殖大学))
  • 2月: 『 日本の明日に話すちからを!Why not speak up!』(竹内 明日香さん(一般社団法人アルバ・エデュ代表理事/株式会社アルバ・パートナーズ代表取締役))
  • 1月: 『子供が売られない社会の仕組みをいかに創るか 』(村田早耶香氏(特定非営利活動法人 かものはしプロジェクト))

2017のスピーカー・テーマ:

  • 12月: 『 MDGsからSDGsへのメコン川沿いでの活動(カンボジア・ミャンマー)』(竹内 光男氏 (Saraya Myanmar Co.,ltd CEO)) 
  • 11月: 『 イスラーム化するインドネシアか」ら』(小川忠氏(跡見学園女子大学文学部教授))
  • 10月: 『 異文化理解の指標による自分・自国の理解』(鈴木利和さん(合資会社ベルノート))
  • 9月: アメリカの大学制度と研究者に要求されるもの:日本人研究者の視点から』(小田部正明氏(テンプル大学教授))/『過疎地での取り組みから学ぶ縮小社会の生き方』(吉田基晴氏(株式会社あわえ、サイファー・テック株式会社 代表取締役))
  • 8月: 『 フィリピン:急成長する若き「大国」』(井出穣治氏(日本銀行))
  • 7月: 『 』(())
  • 6月: 『 コンテンツ企業のアジア進出-チャンスと課題』(越知雄一(おち ゆういち)さん)
  • 5月: 『 企業の戦略的渉外活動~ルール作りの重要性』(藤田 寿仁さん(日本在外企業協会))
  • 4月:『アフリカでわかったこと、わからなかったこと』(講師中臣久さん(元外務省))
  • 3月:『テレビの国際ニュースはどうやって作られるのか』(講師 大坪 茂さん(テレビ朝日 報道局 外報部デスク))
  • 2月:①『ジャワ人からみたジャワ文明 シャロニ・アショファさん』((拓殖大学大学院商学研究科博士前期課程学生));②『三角島でのCSV事業の提案』(鈴木広大さん(拓殖大学商学部4年)、杨宇さん(拓殖大学商学研究科博士前期課程1年)、シャロニ・アショファさん(拓殖大学商学研究科博士前期課程1年))
  • 1月:『ブルー・オーシャン戦略の最近の動向〜国策への応用。マレーシアを例として〜』(安部義彦さん(ブルー・オーシャン戦略プラクティショナー))

2016のスピーカー・テーマ:

  • 12月:『聖地巡礼による地方創生とアジア連携〜コンテンツカルチャーとグローバルニッチ市場〜』(荻野健一氏(デジタルハリウッド大学大学院))
  • 11月:『災害廃棄物処理における建設業界の役割:世界的な災害増大に対する民間セクターの役割』(岩渕雅和氏(清水建設株式会社))
  • 10月:『ASEAN統合の行く末』(吉野 文雄氏(拓殖大学国際学部))
  • 9月:『瀬戸内の離島の交流人口増加へ、東京からの挑戦』(志和 加奈子さん&灘波 桂子さん(「しまらぼ」))
  • 8月:『多国籍企業における海外派遣者帰任について』(周 楊華(しゅう ようか)さん (中央大学総合政策研究科))&『エスニック・タウンの変容―新宿区大久保地区を事例に―』(鈴木菜緒さん (法政大学文学部地理学科))
  • 7月:『日本の大学と台湾の絆――工学院大学(工手学校)を例に』(蔡 龍保(Tsai Henry)さん(国立台北大学歴史学科教授))&『台湾イスラームの成り立ち―17世紀~現代』(長谷部茂氏(拓殖大学海外事情研究所附属台湾研究センター研究員)) 
  • 6月:「ほんまはどうやねん? 中国」(井上 邦久さん(蝶理))
  • 5月:「日本・ドイツ・アメリカの狭間に生きたヘルム一族の150年を辿る」(レスリー・ヘルムさん (『シアトル・ビジネス』の編集長))
  • 4月:「5年で中国市場開拓に成功したポイント」(大野 彰得さん (コニカミノルタ顧問)
  • 3月:「まだまだ知られていない国インド~チェンナイでの駐在経験を基に~」(丸﨑 健仁さん 日本貿易振興機構(ジェトロ)ビジネス展開支援部 新興国進出支援課) 
  • 2月:「アジアにおける日本の役割は何か」(礒崎正男さん (前Asia Projects Engineering Pte. Ltd. 会長))
  • 1月:「学生達が見てきた東南アジア」&「シンガポールと日本」(鈴木広大さん、伊藤伽奈さん、砂川猛虎さん、菅原秀太さん(拓殖大学)Tan Choon Mengさん(東京大学)) 

2015のスピーカー・テーマ:

  • 11月:「日中交流の経験から伝えたいこと」(工藤園子さん(上海理工大学日本文化交流センター 名誉センター長, 日本さくらの会 委員)
  • 10月:「日系企業と中国社会の共存共栄に向けて」(劉 慶紅(リュウ・ケイコウ)さん (立命館経営学部 准教授))
  • 9月:「ディスレクシア人間が世界を変える」(藤堂栄子さん(NPO法人エッジ 会長))
  • 7月:「ゲームと日本文化が世界経済を刺激する」ゲームニクス成立の文化的背景と日本経済への応用効果」(サイトウ・アキヒロさん (立命館大学映像学部))
  • 6月:「ウクライナ危機と世界 -日本・アジアはどうすべきなのか」(真殿 達さん(麗澤大学))
  • 5月:「宇宙桜の奇跡 震災復興とアジア」(長谷川洋一さん 宇宙プロデューサー、きぼうの桜プロジェクト代表、財団法人ワンアース設立準備委員会代表)
  • 4月:「インド・モディ政権展望とアジア三国志時代」(小島 眞(こじま・まこと)さん (拓殖大学国際学部教授))
  • 3月:「キラキラ輝く自分になろう」(林志英さん(フォーマル子供服専門店KAJIN/株式会社KAJIN代表取締役))
  • 2月:「シンガポールの発展と科学技術・イノベーション」(Prof. HANG Chang Chieh先生(シンガポール国立大学))
  • 1月:「なぜ、2万円のワインボトル入り日本茶ROYAL BLUE TEAが売れるのか?」(本桂子さん(ロイヤルブルーティージャパン株式会社代表取締役))

2014のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「カリフォルニア・イノベーション研修」(カ チンションさん(拓殖大学商学部4年))/「人は心で動く─ブラウブリッツ秋田でのインターンを終えて」(八須直哉さん( 拓殖大政治経済学部3年))
  • 11月:日本酒の海外展開について」(三宅紘一郎さん (OneTankProject代表))
  • 10月:「ポ ルトガルがマカオに残した記憶と遺産 ―マカエンセという人々」(内藤理佳(ないとう・りか)さん (上智大学外国語学部ポルトガル語学科) •
  • 9月:「想いをかたちにする力〜カンボジアとインドでの「子どもが売られる問題」をなくすために」(村田早耶香さん(特定非営利活動法人 かものはしプロジェクト))
  • 8月:「社会起業家とBOPビジネス」(渡辺 孝さん(NPO国際社会起業サポートセンター))
  • 7月:「サッカー界から見たアジアの可能性(Jリーグのアジア戦略について)」(「大矢丈之氏(Jリーグ))
  • 6月:「アジアにおける社会的企業の動向と社会的投資ーWorld in Asiaがやろうとしていること」(加藤徹生さん(World in Asia))
  • 5月:「誤解されるイラン」(駒野欽一さん(前イラン特命全権大使))
  • 4月:「世界に羽ばたく折形の心」(目黒公久さん(折形のこころ講師))
  • 3月:「新時代における日本企業の対中国戦略─トヨタを事例として」于 金(YU Jin ウキン)先生(河海大学商学院教授))
  • 2月:「細菌の私とアジア」(西嶋昭生さん(産総研、早稲田大学)、御厨和民さん(アツデン))
  • 1月:「「戦略的CSR、BOPビジネス、そしてCSV-その要諦と展開-」(水尾 順一さん(駿河台大学経済経営学部・同大学院経済研究科教授))

2013のスピーカー・テーマ:

  • 12月:クリスマスパーティ+忘年会(ヤンゴン・ハノイ・北京の話題提供)
  • 11月:「海外からみた3・11高井洋季さん(NPO法人IVUSA(国際ボランティア学生協会)事務局、Japan Love Project(カナダ) 前代表)
  • 10月:「発展するフィリピン-新しいフィリピンとのつき合い方」(新田目夏実さん(拓殖大学国際学部教授))
  • 9月:「世界史における大乾燥地帯と大西洋社会」(宮崎正勝さん(歴史学者)) 
  • 8月:「シンガポールのグローバル化政策」(ゴウ・ウィミンさん(シンガポール国際企業庁日本センター所長))
  • 7月:「かくも過酷な現代史、アラブの春の『シリア内戦』」(国枝昌樹さん(元在シリア日本大使))
  • 7月(特別映画上映):日時:2013年7月19日(金)18時30分~20時30分頃、WAAメンバーの吉川英治さん「世直しボクサー」が制作された映画『Rumble in the Jungle』(2013年、58分)の紹介(予告編 : http://youtu.be/2ncLGmsyAec
  • 6月:Deep Asia: 起業家から見たネパールとブータン(青木崇行(あおきそうこう)さん(カディンチェ株式会社:http://www.kadinche.com/)
  • 5月:留学生から見た日本:(1)アルオセフ・アハマドさん「忙しい日本人」(2)柯 競雄さん「来日前に自分が想像した日本と、実際に日本で経験をしたこと」(3)サキーナ・ムハンマドカリードさん「本当に違いますか?」(4)興梠さん
  • 4月:「国家関係から市民関係へ:中国の市民社会に目を向けて」」(李 妍エン(LI,Yan-Yan)先生(駒澤大学文学部社会学科))
  • 3月:「朴槿惠(パク・クネ)新政権の誕生と韓国財閥の対応課題講師」(柳町 功先生(慶應義塾大学))
  • 2月:「新興アジアにおける日本企業の「現地化」戦略」」(松島大輔さん(経済産業省))
  • 1月:「ベトナムの過去・現在・未来」(仁平 宏さん(大和コンピューター、元IBM))

2012のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「世界の人達と連携して未来を創る活動」(吉川英治さん(国際ビジネス誌編集長/世直しボクサー))
  • 11月:「未来に続き続ける「みらいの授業」」(日谷 潔さん(Passion and Will 代表))
  • 10月:「感動教育:心に火をつけ、人々を救う」(カワン・スタント先生(早稲田大学))
  • 9月:「韓国人として生まれたら」(李文淑 (明治大学講師))
  • 8月:「アジア市場の開拓と進出:バングラディッシュでのICTビジネス」矢萩章さん(エヌ・ウェーヴ))
  • 7月:「万葉集から葉隠れまで:イスラーム教の目から見える神道と禅」(サイド アリ ハイダー ゼーデーイさん(東京医科歯科大学))
  • 6月:「私が出会った美しいイスラームの世界」(天野恵理さん(写真家)
  • 5月:「四万十川方式地元発着型産業つくり」(畦地履生さん( 株式会社四万十ドラマ 代表取締役))
  • 4月:「三等船客のアジア」(藤村是清さん (放送大学・神奈川大学等非常勤講師))
  • 3月:「 アフリカの金融セクター」(荻本洋子さん (野村総合研究所))
  • 2月:「映画ROMUSHAを通してみるインドネシア人の対日観の複雑さ」 (倉沢愛子さん(慶應大学経済学部))

2011のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「東アジアの社会起業とベンチャー・フィランソロピー」(伊藤 健さん(アジアン・ベンチャー・フィランソロピー・ネットワーク 日本アドバイザー))
  • 11月:「ドイツリケールの魅力」(中尾友紀さん(株式会社エーデルリケール代表取締役))
  • 10月:『住民と共に道をなおす-NPO法人 道普請人(みちぶしんびと)の活動-』(木村 亮さん(NPO道普請人理事長、京都大学教授))
  • 9月:「ベトナムにおける産業クラスターの現状と課題」(税所哲郎さん(群馬大学))
  • 8月:「『CSR経営に対する中国人留学生の反応と提言』潜道文子(拓殖大学);『シンガポールの今週のトピックス』田辺、8月21日~25日のシンガポール訪問の報告」)
  • 7月:15周年記念パーティ
  • 6月:「東日本大震災を経て、私たちの社会はどこに向かおうとしているのか。」(島田昌幸さん(一般社団法人東北復興プロジェクト理事。株式会社ファミリア代表取締役;今津新之助さん/NPOエクスブリッジ代表。有限会社ルーツ代表取締役)
  • 5月:「日中間における弁護士の取扱業務について」(布仁 賀喜格(Buren Hexige)さん(JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社 渉外務担当) )
  • 4月:「シリコンヴァレーはアジアの発展を映す鏡−3年ぶりの訪問で感じたこと」(余田幸雄さん)
  • 3月:「中国現代文学への招待」(蘇 霞(スーシャー)(早稲田大学大学院会計研究科修士課程)) 
  • 2月:「常に学習者であり、挑戦者であれ!」(カワン・スタント(早稲田大学))
  • 1月:「観光アートのすすめ」(仮題)」(山口裕美さん(現代アートプロデューサー)

2010のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「中国古典文学への招待」(蘇霞(スーシャー)(早稲田大学大学院会計研究科修士課程))
  • 11月:「グローバルコミュニティの編集・発行から」(宮崎計実さん(グローバルコミュニティ))
  • 10月:「アショカ財団ユースベンチャーと多文化共生プラットフォーム事業の推進」金 亨喆さん(慶応義塾大学法学部政治学科2年;尾本将太さん(法政大学法学部国際政治学科3年)
  • 9月:「海外で仕事を創る −生きがいをつくる−」(鈴木利和さん(中部ベトナム観光委員会))
  • 8月:「『独女世界放浪記』から」(南まいさん(タレント、世界一周アドバイザー))
  • 7月:「メコン河の開発と自然保護について」(眞鍋 貞樹(まなべ さだき)さん(拓殖大学大学院))
  • 6月:「アマチュア歴史家の目で見る日韓交流2000年史」(高山彰彦さん(エスビーエス))
  • 5月:「森林浴の癒し効果 -日本・韓国・世界の森林浴-」(李卿さん(日本医科大学))
  • 3月:「ベトナムとラオスの経済および資本市場」(荻原洋子さん(野村総合研究所))
  • 2月:「世界一周旅行をしようよ」(竹田真一郎さん(開発コンサルタント);南まいさん(タレント、世界一周アドバイザー))
  • 1月:「ビジネス立地としてのロシアを考える」(今井雅和氏(高崎経済大学経済学部教授))

2009のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「インドネシア・中国でのパッソンとミッション活動(P&M, Passion and Mission)」(カワン・スタント先生(早稲田大学))
  • 11月:「ネパールの暮らしと芸能文化の現状」(岡本Malla有子さん)
  • 10月:「What is “イラン”?」(大久保信寛さん(SNS国際防災支援センター代表))
  • 9月:「サウジアラビア王国での日本人としての生活と仕事」(原岡哲也さん(㈱MTI))
  • 8月:「本の出版をプロデュースする」(竹安数博さん(大阪府立大学))
  • 5月:「地域における日本語学習支援の充実と共生社会の構築~その醍醐味と可能性について~」(野山 広さん(国立国語研究所))
  • 4月:「途上国でのものづくり-製品開発、商品企画の移転」(黒川基裕(高崎経済大学 地域政策学部 准教授))
  • 3月:「アジアの高等人材開発におけるわが国の役割-アジアの高等教育交流支援25年の歩みから考えること-」(原嘉夫さん (AsiaSeed:アジア科学教育経済発展機構 理事長))
  • 2月:「インド最新事情及びアウトソーシング業界」(ゴパール・ラホティさん(コグニザントジャパン))
  • 1月: 「メディアザウルス最後の聖戦」 (浜村寿紀さん(共同通信社)) •

2008のスピーカー・テーマ:

  • 11月:「ベンチャー企業の資本政策の実態とは?:資本政策データベースから明らかになる企業価値評価(バリュエーション)とVCの投資状況」(北村 彰さん(NPO法人Japan Venture Research代表理事) 
  • 10月:「世界を席巻した米国型金融経済の終焉と実体経済回帰」(講師:上村 シーラ 千賀子さん(シスコシステムズ))
  • 9月:「シンガポールの新たな発展の仕掛け」(講師:田辺孝二(WAA代表世話人));「カンボジア・PPSEZ(プノンペン経済特区)を探検して」(潜道 隆(潜道WAA代表世話人の夫))
  • 8月:「日本とシンガポールを結ぶ新事業構想」(野元克彦さん(アイザック))
  • 7月:「物流の視点から考えたアジアのグローバル化」(岩間正春さん (物流工房 株式会社オフィスイワマ 代表))
  • 6月:「アジアに於ける貧困脱出成功の鍵:経済特別区による民間投資呼び込み:中国からラオスまで」(JDI小林正一代表)
  • 5月:「銀座の画廊経営─日本人作家を世界へ送り出すためのアジア戦略」(講師:銀座柳画廊の野呂洋子さん)
  • 4月:「57歳で起業。アジアでNo.1の「SIer」になるのが夢!! 」(講師:藤田 勉さん (株式会社ソルパック ))
  • 3月:「イラク・バスラの生活とイラン・テヘランからの脱出」(講師:近藤 龍さん (社団法人 日本在外企業協会))
  • 2月:「イスラエルのビジネスと社会」(講師:藤原宣夫さん (日本イスラエル商工会議所会頭))
  • 1月:「モロッコ的イスラーム、イスラーム的モロッコ-中東・アフリカ・ヨーロッパの間-」(講師:飯山 陽(いいやま あかり)さん;専門:イスラーム思想史

2007のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「体感のイスラム文化─中東とアメリカの生活から─」(講師:浜地道雄さん、1943年上海生まれ。和歌山県出身。1965年、慶應義塾大学経済学部卒業、ニチメン入社。貿易大学研修後、石油担当としてテヘラン、リヤドに駐在。1988年、帝国データバンクに転社、米国法人(NY)を設立、駐在。現在、NYと東京を往復するビジネスコンサルタント。)
  • 11月:「シャリーア・コンプライアンスとは何か-イスラーム圏のビジネスと社会」(講師:櫻井秀子さん(作新学院大学 総合政策学部 教授))
  • 10月:「上海・香港・台北・ソウルそして日本の若者が奏でる東アジアと日本-日韓・アジア教育文化センターの活動から-」(講師: 井嶋 悠さん(日韓・アジア教育文化センター))
  • 8月:「私が現場「東京ミッドタウン」で考えたこと」(講師:内村勝志さん(竹中工務店東京本店))
  • 7月:「祁連山脈越え-バスと鉄道の中国49日間の旅」(講師:大塚はるるさん(JAC Japan))
  • 6月:「デザインプロダクトグループ創設について─日韓連携モノづくりグループEMS-R2とデザインプロダクト─」(講師:久野啓一さん(株式会社スリーテック代表取締役役))
  • 5月:「SAS中国プロジェクトからIPEXへ― 私の日中交流28年史 ―」(講師:張 仁凱さん(NPO法人 国際人材交流支援協力機構:IPEX))
  • 4月:「地域の技術を使って、アジアで産業を創れないか?」(講師:加藤徹生さん(株式会社ROOTS))
  • 3月:①「メコン川とインドシナ開発」(講師:中臣 久さん(ジェトロ));②「さくらの話題」(講師:工藤園子さん((財)日本さくらの会))
  • 2月「世界一周旅行から帰国して」(牛口洋介さん)
  • 1月:「中国におけるデジタルシネマ・プロジェクト」(坂井常雄さん(テクノネット))

2006のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「中央アジアの紹介」(都留信也さん(NPOアースウォッチ・ジャパン))
  • 11月:「イギリスの不動産投資から学ぶこと」( 松本夏寅さん(ジャパン リアルエステイト アセット マネジメント))
  • 10月:「珠海市の魅力と日本との関係」( 楊凱明さん(中国珠海市駐日本代表事務所首席代表))
  • 10月上海ツアー
  • 9月:「アライアンスによる新事業創出」 (永井達郎さん(元コニカミノルタ))
  • 7月:「「日本企業は中国で成功することができるのであろうか」(海野恵一さん(スウィングバイ2020))
  • 6月:「上海事情:有機無農薬農園とレストラン経営」(工藤園子さん(べジタべ総経理) )
  • 5月:「ボクは見た日本の英語教育・国際化事業-市立中学校編」(陳永盛(タン・エンセン)さん(英語教師) )
  • 4月:10周年&スタント先生出版記念パーティ
  • 3月:「日中貿易の現状と将来」(麻 瑞さん(東大社会科学研究所、上海WTO事務諮問センター))
  • 2月:「インドでの日本語教育とインドのITについて」(デシュパンデ・ギリシュさん(日本インダスソフト))
  • 1月:「海外で事業を行う或いは外国人とビジネスをしたり外国人を使う際のアドバイス」( 村田正夫さん(ショクユタンカー㈱、元三井物産))

2005のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「現代華人・華僑・華商事情」(林 丹さん(C&N国際株式会社))
  • 11月:「シンガポールの最近の動向」田辺孝二(WAA代表世話人)
  • 10月:「中国のエネルギーの最近の動向」谷 順一さん((株)開発設計コンサルタント) )
  • 9月:「Country in Cloudsブータンの国づくり-地方電化マスタープランの経験から-」(西牧さん)
  • 8月:「フィリピン留学体験」(高野邦夫さん(東京外国語大) 沖山尚美さん(貿易研修センター)  )
  • 7月:中国経済と日本海運」と「豪華客船を愉しむ」(森隆行さん(商船三井、東京海洋大学) )
  • 6月:「韓国の世界遺産とグルメの旅」講師:(廣瀬勝彦さん、菅幸政さんコメンテーター:呉秉国さん)
  • 5月:「中国ITビジネスあれこれ」(津田 衛さん(TMコンサルティング))
  • 4月:「ベトナムのビジネスと生活」(仮題)依田和夫さん(前田建設工業))
  • 3月:「中国消費者マーケットへの新しいアプローチ方法」(楊 鳴一さん(上海 United-Cities))
  • 2月:「インド 昨日・今日・明日」(小林弘一さん(元JETROムンバイ所長) )   
  • 1月:「ワインの楽しみ方と上海でのワイン講演の体験を語る」(松浦尚子さん(ワイン・コンサルタント、ボルドー大学公認テイスター))

2004のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「中国事情」 (尚 捷さん(インフォデリバ))
  • 11月:「Cool Japan: 疾走する日本現代アート」 (山口裕美さん(アートプロデューサー))
  • 10月:第5回東京フィルメックスについて (林 加奈子さん(東京フィルメックス・ディレクター))
  • 9月:「上海で楽しくビジネス・生活する秘訣」(久木田 修司さん)
  • 7月:中国・インド・ベトナム・インドネシア旅行から」(真殿 達さん(株式会社アイジック))
  • 6月:「写真で見る観光地、イギリス、大連、上海」(広瀬勝彦さん(WAA))
  • 5月:「日本と中国を結ぶ事業」(菅幸政さん(株式会社アイジック)、広瀬勝彦)さん(WAA))
  • 4月:「アルビレックス新潟のアジア戦略」   ( アルビレックス新潟池田弘社長
  • 3月:日本とアジア:経済統合と共生へ」(早稲田大学大学院商学研究科教授木下俊彦(きのしたとしひこ))
  • 2月:「日本シンガポール学生会議を開催して」(名越裕晃さん(日本シンガポール学生会議代表)他)
  • 1月:「国際ボランティア学生協会(IVUSA)の活動」(谷口順平さん(学生代表)、足立信吾さん(企画室長)、高井洋季さん(国際協力部長) )

2003のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「女子割礼について」 (内海夏子さん(フォト・ジャーナリスト))
  • 11月:「バルト諸国を訪ねて」 鈴木孝平さん((日欧産業協力センター))
  • 10月:「人財育成:シンガポール研修と県民ファンド」(田辺孝二(WAA世話人))
  • 9月:「第50回ベネチアビエンナーレリポート-アジアから参加したアーティストを中心にー」( 山口裕美さん(アートプロデューサー))
  • 8月:「日韓架け橋への挑戦 ~日本生活15年目の夢~」( 趙  哲 彙さん)
  • 7月:「人助けが好きなあなたに贈る人道ビジネス」(竹林 正平さん GOLDRUSH代表 )&「健康づくり支援」小森由美子さん サクラ・コミュニケーションズ)
  • 7月特別講演会:「目を覚ませ!日本人 -潜在能力を活かす不断の挑戦-」 (スタント先生)   
  • 6月:「日本のノーブレス・オブリージュと今」( 紺野大介さん:NPO創業支援機構理事長,清華大学客員教授 )
  • 5月合宿(麗沢大学谷川センター )
  • 4月:「中国デジタルシネマによる映画産業の再生・・・・アジアの映画流通チャンネル構築と日本型小規模ベンチャーの新しいしくみの実験」( 坂井常雄さん(テクノネット))
  • 3月:「アジア諸国のアーツ」(ア-トアソシエイツ 八咫 露口典子さん )
  • 2月:「中国から求められる日本の知識と経験」 (倉岡英雄さん(ナレッジビジネス研究所))
  • 1月:「台湾海峡の西岸における福建省の歴史と発展」(林 丹さん(中央大学大学院商学研究科))

2002のスピーカー・テーマ:

  • 12月:「日中交流の在り方」(海野さん(アクセンチュア代表取締役))
  • 11月:「上海の日本人:昔と今 」(陳祖恩先生(上海社会科学院))
  • 10月:「シンガポールの新たな動き 」(田辺孝二さん(経済産業省))
  • 8月:「大連留学生活動に参加して 」(広瀬勝彦さん、真殿達さん、呉 国さん、竹安数博さん)
  • 7月:「留学生問題・日中関係・日本の国際化」(衆議院議員松沢しげふみさん)
  • 6月:「明日へ架ける橋」(戴懿さん&井上しげおさん)
  • 5月:「日本とアジアとODA」 (西牧 宏さん(エクシディア代表))
  • 4月:「日産のゴーン改革の現状およびその意義について」(井上久男さん(朝日新聞記者))
  • 3月:「中小企業の海外戦略~フィリピン・セブ島への直接投資の事例 」(飯野邦彦さん()湘南短期大学教授))
  • 2月:「アジアとの出会いと関わり 」(田坂興亜さん(国際基督教大学教養学部理学科教授)
  • 1月:「中国市場における三菱電機の遠隔医療の取り組み 」(小室久美子さん(三菱電機株式会社 NTT事業部 市場開拓グループ))

2001のスピーカー・テーマ:

    • 12月:「日本人と宗教 」(寺嶋 潔さん(前営団地下鉄総裁))11月: 「日米経済摩擦と多国籍企業」(高 永三先生(韓国長安大学教授:早稲田大学大学院政治学研究科客員教授))10月:「ブロードバンド向けキラーサービスとしてのオンラインゲーム及びe-Sportsの紹介(韓国での成功と日本での活動紹介)」(バトルトップ・ジャパン株式会社  Bruce Won社長。)&「中近東事情 」(島袋さん)9月:「DVDとVCDによる中国見聞(中国最新情報?)」(菅 幸政さん)7月:「日本在留学生会議における留学生受け入れの経緯・現状・課題」 (清家三代治さん(日本在留学生会議))6月:「21世紀の日本とアジア」 (真殿 達さん(国際協力銀行))5月:「アジアの時代の日本の外交」(波多野さん(元国連大使))4月:「タイ国教育改善事業から学ぶこと」(吉田邦夫先生(Thailand-Japan Technology Transfer Projectチームリーダー))3月: 「オーストラリア事情~生活、民俗、大学」 (中山さん(早稲田大学))2月:「ミャンマー最新事情と交流活動」 (渡辺 毅さん(ミンガラ奨学基金))1月:「デジタル・馬賊」(楊 鳴一さん(UNITED-CITIES.COM))

2000のスピーカー・テーマ:

  • 12月:箱根合宿
  • 12月:「ネット時代の新たなアジアに対する視点」 (鈴木宏一さん(大和総研))
  • 11月:「シリコンヴァレーから見た日本」 (余田幸雄さん(前JETROサンフランシスコセンター所長))
  • 10月:「韓国での建築教育について」 (印南比呂志さん(印南総合企画))
  • 9月:「シンガポールのIT革命」(山田さん、廣瀬さん、平野さん、大木さん、竹安さん、田辺 )
  • 8月:「チョモランマ植樹祭を企画する」(NPOヒマラヤハーモニー理事長の中江剛毅さん)
  • 7月:「日中関係、今何が求められているのか?--グローバリゼーションが進む中」  (陳海権さん(中央大学大学院総合文化研究科博士後期課程))

en_USEnglish